1. TOP
  2. 正月3回も?!

正月3回も?!

 公開日時:2022/01/16
この記事は約 3 分で読めます。 186 Views

こんにちは!

今回は沖縄の正月は三つある??!!😮😮

新暦の正月は皆さんご存じの1月1日。沖縄は年越しそばに沖縄そばを食べるそうです。

正月料理のメインは豚肉料理🍖

豚の内臓が入った中味汁や白みその甘みがおいしいイナムドゥチやラフテー(豚の角煮)などが食卓に並びます。

食べ物に多少の違いはあるものの、新暦の正月は本土とほとんど一緒ですね。

二つ目の正月は旧暦1月1日。毎年日付が変わるので、旧暦や沖縄独特の行事が記されたカレンダーで

確認する人が多くいます。

新暦の正月が主流を占める沖縄ですが、旧暦の行事も色濃く残っており、

旧正月の日は各地でさまざまな伝統行事があります。

さらに月の満ち欠けを基にした旧暦は、海との関係も深い。!!!😮😮(初耳👂)

海人の町・糸満市は旧正月を盛大に祝いするみたいですよ。

糸満漁港では停泊している漁船に大漁旗が掲げられ、1年の豊漁を願います。

地域によっては旧正月にお年玉をあげるところもあり、それらの地域ではこの時期までお年玉袋が売られています。

でも、お年玉は1月1日、2日に貰うのが楽しみでワクワクしてたな~~~😊

恩納村では、琉球村でイベントを行っておりました。

琉球村の若い男性スタッフが、夜明けとともに若水をくんでくれるみたいです。🍼
この水は、邪気を除くことと、生命の若返り、再生を意味するそうです。

そして最後の三つ目は旧暦1月16日。沖縄では「ジュウルクニチー(十六日祭)」と呼ばれてるみたいです。

この日はなんと!あの世(ウチナーグチでは「グソー」)の正月です。

新暦2022年は2月16日(水)となってます。

お墓の前に親戚が集まり、豚肉料理やかまぼこ、豆腐などを詰めた重箱を備え、先祖供養します。

(主に離島(宮古や久米島など)に広がる旧暦行事だそうです)

1年に3回のお正月がある沖縄。お年玉のもらえる子供は嬉しいですが、大人は大変ですね😂🤣

                         ピンクマーリンクラブ  桑原でした

ライター紹介 ライター一覧

ピンクマーリンクラブスタッフ

この人が書いた記事  記事一覧

  • 2人のキッズがダイバーに仲間入り!!

  • ジュニアオープンウォーターダイバーを取得中!!

関連記事

  • 子供は何歳からダイビングできる?沖縄で親子ダイビングに挑戦!

  • 安全なダイビングのために!器材セッティング方法をおさらいしよう

  • 沖縄でダイビングライセンスをいつとる?インストラクターがおすすめする時期は??

  • 【ツアーレポート後編】スタッフ同行離島ツアーで阿嘉島へ!

  • 子連れ沖縄観光で立ち寄りたい!読谷村の海の見える公園おすすめ3選

  • 一人でも安心!沖縄ダイビングライセンスに挑戦しよう!“女性目線“で不安を解消します!